注射が苦手な看護師の職場選択

注射を打つことは、看護師の最も重要な業務の一つです。しかし、どのような人間にも得手不得手がありますから、注射が苦手と言う看護師も多数存在します。このような場合だと、どのような対策が考えられるでしょうか。
一つは、なるべく注射の仕事とは縁が遠い職場に勤務することです。デイサービスセンターや高齢者のための施設など、いわゆる介護職へ応募して職員として採用されれば、看護師資格を有する者として優遇されなおかつ注射業務からは解放されます。筆者の体験では、デイサービスセンターで看護師資格有するケアマネージャーにお目にかかったことが有ります。激務をこなされていましたが、職場では有能な職員として皆の信頼を集めていました。注射をしなくてよい職場の看護師の求人を探してみるのも、一つの方法です。
逆の方法として、注射から逃れることが出来ない状態に身を置いてしまえば、嫌でも注射の技術は上達するでしょう。採血センターや献血機関などで毎日多数の人に対して注射器を使う仕事に従事していれば、注射や採血・点滴などの技術は飛躍的に上達するに相違有りません。病院から個人医院まで看護師として勤務するからには、注射は避けて通ることは出来ません。どうせなら、注射の上手な看護師として一目置かれた方が、鼻も高いのではないでしょうか。注射の上手い下手はどうしても有りますし、患者の評判になったりします。特に、高齢者は血管が細くなっているので、注射をする看護師にとっても厄介です。そこで注射の技術に長けていれば、鬼に金棒です。
注射の苦手な人がどちら側の職種を選ぶかは本人の希望に任せるしか有りませんが、注射の技術は上手いに越したことは有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です